ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夕涼みライブ | main | 嵐の後で >>
2019.10.19 Saturday

台風19号

今年の台風は想定外のいろいろをもたらしてくれます。

地球の温暖化で台風が巨大化するのだそうです。
ユーカリの木を養生してもらった時「これからやってくる台風はもうみんな凄いから」
と言われました。笑って聞き流していたのに来ちゃいました。
ユーカリは大丈夫でした。
養生してもらって葉っぱが少なくなっていたけれど新芽がいっぱい出てきて植物の生命力を感じます。
吹き荒れる風に「頑張れ頑張れ」と念を送りました。
 
河川の氾濫、洪水。水は津波じゃなくても怖いです。まだまだ断水や停電などで大変な思いをなさっている方がいます。
水のひいた後の家のかたずけをテレビで見ながら他人事ではない!と思う毎日です。
私たちは相模川の近くに住んでいます。
午前中に避難準備だったのが、どんどん雨が降ってお昼過ぎには氾濫危険水位ということに。
そして夕方、上流の城山ダムが緊急放流するので洪水になるかもしれないということになりました。
冗談でしょ?実感がわいてこないので気楽に楽器の練習なんてしていたのですが避難所はもう満杯になっていたようです。
間もなく放流が中止になって大丈夫と安心していたのですが
相模川が水位を上げている、あんな時に放流したら?やっぱり氾濫していたかもしれません。
ダムは放流しないとダムが壊れてダムごと流れてくるので大惨事になるとのこと。城山ダムも大変な状況だったのだと思います。
改めて夜の9時半に放流となりました。
ハザードマップでは1階部分にはかなりの水が来そうなので思いつく限りのものを次々と2階にあげました。
外では不気味に警報が鳴りさすがに2階に運べないピアノとか家具とか見回してやっぱり実感がわかないのだけれど考えすぎると疲れちゃうので相方はさっさと寝てしまいました。
お電話やメールなど心配してくださった方々に感謝します。
写真は翌日、水がだいぶひいた状態なのですが、まだまだ茶色い水が荒れ狂っていました。
この水が溢れてそのまま流れ出したらやっぱり家が沈んじゃうかもしれないね。なんて思いながら。
大きな台風は通り過ぎるその瞬間にはもう東北を襲い各地で川が溢れました。
思いがけない長野県千曲川も氾濫して長野県の親戚や友達に思いを寄せています。
信州上田のアーリーミュージック村。会場は山の上ですが「あさつゆ」という直売所には千曲川を渡って行くので心配な気持ちです。
その時、命を守ることも大切ですが守った命を生きていくこと。今、その中で苦悩している方たちに想いを寄せます。
私達の町は申し訳ないほどに平和です。
翌日は神楽坂の化け猫パレードに参加する予定でしたが電車が動き出したのが遅かったこと。
それからなんだか疲れちゃったので欠席しました。人数は半分くらいになったとのことですがみんな元気そう。
大切にしたい日常ですね。

 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album