ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 宝物 | main | 風になる >>
2019.08.27 Tuesday

暑い熱い

2日目の智頭町。

「僕はここで1ヶ月展覧会をしている」
墨絵の月下さんは今、障害のある子供たちと絵を描いています。小さい人の心のままにアートする自由な世界をサポートしています。
南相馬の避難所で人々の心を前向きに開いていく空気のような信念。
その自由な生き方はずっと変わらない。
国指定重要文化祭の石谷住宅をはじめ歴史的建造物がたくさんある智頭町。町のあちこちが展示会場になっていました。
懐かしい。月下さんの文字を発見。
月下さんは、こちらのお店でのライブを準備していてくれました。
「楽之」というこちらのお店。ここも昔の建物をリノベーションしながら蔵にあったものを再利用して出会いを大切に暮らしを展開しているお店でした。2階はお宿になっているのだそうです。
急に決定したライブなのでお客さんに呼びかけもできていないと言いながらも暑いのに集まってくださったお客さんに感謝します。お店のマスターもいろいろと気を使っていただきありがとうございました。お昼のパスタ。汗びっしょりで豪快に味見しながら作っている姿を思い出します。
こんな若者がこれからの智頭町を支えていくのでしょうね。
月下さんもエネルギー溢れる若者と話をするのが楽しそう。
さて、朝晩は涼しい智頭町ですが気温はぐんぐん上がって、ちょっと油断してしまったのですが楽器がすっかり暑さ負けしてしまいました。
調弦もままならず、弦の張りが悪くなって鳴らない!
ああ、こうなるのね。。何ごともやってみなくちゃわからない。おまけに弦の色分けが逆光のため、だんだん見えなくなる。
やぁ・・・緊張しました。
一番前に座っている方は日本人じゃないのでMC通じていないよね。なんて不安材料がいっぱいあっても不安な顔しちゃいけない。勉強になりました。
実はお客さんは目の前のスペースだけじゃなくて
私達の見えないところでも、あちこちで耳を澄ましていて。
演奏が終わったら、たくさんの方からお声かけいただきました。
やっとリラックス。
美味しいお茶をいただきました。
暑くて喉からっからです。

どんなマスターが居てどんなお客さんが集まって。。。そういうことがわかって、またもう一度ライブリベンジしたいなぁと思っています。
やっぱり、ちょっとはリハーサルしないとね。
楽器は家に帰ってきたら、すっかり元に戻りました。低音はゆるみやすいので注意ですね。
この後、夜は公民館前で夏祭りの演奏です。
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album