ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 山陰を走りたい1 | main | 信州上田アーリーミュージック村 >>
2019.05.20 Monday

山陰を走りたい2

「後はひたすら帰り道だぞ」と言いながら楽しそうな相方。

夕方から降りだした雨が土砂降りになり何もかも真っ暗なのですが海沿いの道を走りたいということになり
リアス式海岸の絶景も何も見えない山道。
真っ暗な海にぽっと明るい灯がともる。その灯は一直線に並んでいます。
初めて見た いさり火に感動しながら「今夜はどこで寝るのかなぁ?」
車中泊も2泊目になると行き当たりばったりでもへっちゃらです。
そして夜もふけてから「あまるべ道の駅」を見つけました。
山陰は崖っぷちの海と山また山。厳しい自然の中に鉄道を走らせる苦労は並大抵のことではありません。
山と山をつなぐ鉄橋があって、その昔、風にあおられて列車が転落するという大きな事故があったのだそうです。
その現場が道の駅になっていました。
とにかく雨がいっぱい降っていて、そんな恐ろしい事故の話を聞いてもあまりよくわからなかったのですが
朝になって山陰の自然の美しさや厳しさを目の当たりにすることとなりました。
今は新しい鉄橋が山と山を結んでいます。
私達はこの鉄橋の下に寝ていました。

エレベーターで上まであがると「道の駅」ではなく「空の駅」として展望台になっていました。山の中とおもったのに漁村なのですね。道の駅のあるところも昔は蟹の加工場だったそうです。
「空の駅」はそのまんま余部の駅なので始発を待って写真をぱちり。
この列車に乗ったら空を飛んでいるみたいじゃない?
列車の旅でなくては眺められない美しい風景もあるようです。
大満足の山陰。あまるべを出発して「温泉に入りたい」ということになりまして
城崎温泉で朝風呂させていただきました。
城崎は外湯めぐりができるので気軽に立ち寄りができます。文学好きな女性がいっぱいでした。
GW混んでいる高速には乗らず山陰をひたすら走る帰り道。。
昼ご飯は舞鶴の市場で浜焼きです。岩牡蠣もありました。
ここで注文をすると焼いてくれます。
ご飯やお味噌汁はセルフサービス。
美味しいに決まってますよね。
 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album