ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 信長、秀吉が聴いたかもしれない西洋音楽 | main | 悔しい! >>
2019.04.02 Tuesday

手をつなごうコンサート♪

2019.3.24

今年も大阪箕面メイプルホールに行ってきました。

東日本の震災から8年。9年目を迎えました。
Duo Affetousoの長谷川さんに出会い、RMOの成元さんを紹介していただき。
RMOメンバーの暖かくって優しい。賑やかで熱い大阪のおばちゃんたちに元気をいただき。
その心意気が山形の八木さんを紹介したことでダイレクトに生かされ考え続けるエネルギーになりました。
こないだ福島の方に「手をつないでふるさとを歌うコンサートなんです。」とお伝えしたら
「それは泣いちゃうよ〜」と。
泣けることは幸せなことです。
泣くことを我慢して大きい声も出さない。
そんな人が体調を崩して死んじゃうのかもしれない。
頭にそんなことがよぎるほどに悲しいことがいっぱいありました。
泣けることは幸せなことですね。
3月も終わろうとしているのに寒い日で、お客さんもいつもより少なくて
わざわざ山形からいらしている八木さんに申し訳ないような気持ちでした。
それぞれのジャンルの演奏が、それぞれの想いをのせて展開していく中
10年目に入る今も変わらない。全然変わらない状況が伝わらないもどかしさを感じていました。
直接、福島を見て
彼の地に家族のように思う友達が居る私達は何を伝えられるのだろう?
もう被災地とは言いたくない私達は
日本中どこも同じように春夏秋冬はどこでも巡ってきて
大切な人が居て丁寧に暮らしている。
古楽は時を超えて人の暮らしを教えてくれる。
心の襞を語ってくれる。
そんな思いをこめて演奏させていただきました。
そして滅多に他人を褒めない八木さんが
「古楽は沁みますね」と言ってくださったことが
心から嬉しかったです。
ありがとうございます。
 
廃炉作業の今〜
水素爆発を起こした4号機は元々定期検査中で稼働していなかった為、作業としては使用済み燃料プールの核燃料を取り出すことがメインでしたが、これは2014年12月22日に完了しており、壊れた建屋もカバーに覆われています。
この日を境に収束に向かっているような錯覚があるような気がします。

でも現実には東京電力福島第一原発では事故から8年経った今も毎日4000人もの人が通い廃炉作業が進められています。当初40年かかると言われていた廃炉作業ですが、最近の調査で分かったことは現時点では現実的に40年で終わるのはかなり困難だということ。もしかしたら10年後急速に技術が発達したら少しは状況は変わっていくかもしれませんが、現状ではそれは願いでしかありません。

私たちは今回の原発事故から何を学び、どうしていくべきか。
今、世界で初めてのことを日本では行なっています。

事故が起きるまでは原発の安全神話が唱えられてきました。しかしこのような事故が起きた時に、私たちは手に負えない未知の世界へ進んでいってしまったのです。
廃炉作業は想像よりも遥かに難しく、燃料デブリをどうやって取り出し、それをどこに持っていくのか。廃炉を進める為に放射性物質を飛散させないようにするにはどうしていくべきか。十分に慎重に作業が進められていますが、最悪の事態も想定しておかないといけない現状です。その時私たちはどうすべきなのか。。

過酷な状況の中で日々現場で働いてくださっている作業員の皆さん、そして開発を続けている皆さんへの感謝も忘れないようにしながら、私たちは原発事故が終わったものと考えるのではなくて、しっかりと起きた事象と現状を見続けていかないといけないと思います。

そしてこれは福島の話だけでなくて、原発だらけの日本でもしかしたらまた起こり得るかもしれない事として考えていく必要があると思います。次は想定外だったという言い訳は出来ません。また、放射能汚染があったのは決して福島だけでありません。あの時、放射性プルームは周辺地域だけでなく東京や神奈川にも流れてきました。神奈川県の学校では汚染土が構内に埋められて問題になったりもしました。
私たちは放射性物質に関する事をもっと正確に知っていく必要があると思いますし、しっかりと教育として取り入れていくことも必要だと思います。
これから何十年に渡り、毎日何千人と必要な廃炉作業を行なっていくのは残念ながらこれからの世代に引き継がれていきます。

  (8bit.news 小さな種が繋ぐ物語  城島めぐみさんの文章より引用)
来年は3月15日です♪
 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album