ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お正月 | main | 春待ちライブin Bloom >>
2019.02.04 Monday

「天正遣欧使節の物語」松本へ

前から楽しみにしていた「天正遣欧使節の物語」のアントネッロ公演。

松本まで行ってきました。
前日に雪が降ったので富士山が綺麗!

 
私達はなるべく高速を使わないで行くので雪の山道を走ることもあります。凍っているので気をつけて。
 
アントネッロのこの演目はCDで聴いていたのですが初めての生ステージをとても楽しみにしていました。
それが松本なんだから行くっきゃないわけです。わくわくしながらのドライブでした。
大航海時代、世界史が思春期を迎えたその時代。思春期真っ只中の少年4人が海を渡る。
音楽に国境はないから美しさは美しいままに。愛しさは愛しいまま。哀しみは哀愁を誘い。懐かしさは優しく。
海を渡って相互に行き来する。
この辺りの歴史は勉強すればするほど面白く。
世界は一つを感じます。
それは受け取る人によって微妙に違っていて
そして400年も500年も昔のことなのだから歴史の波に呑まれて変化します。
でも、音楽は根っこのところは同じなのです。
本能寺の変があってもなくても、キリシタン迫害があってもなくても、
西洋の音楽と日本の音楽がそこにあったことに感動します。

 
公演が終わって
先生方に向かって会館のスタッフから声がかかります。
「凍ってますよ。すべらないように気をつけて」
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album