ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< みんなで作る音楽 | main | お正月 >>
2018.12.25 Tuesday

クリスマスプレゼント

かねてから製作をお願いしていたハープが完成して自分へのクリスマスプレゼントになりました。

製作者さんのお家を訪ねて九州まで。

「これはボスタイプのハープですよ」教えられて

初期フランドル派の画家ヒエロニムス・ボスが「快楽の園」の中に描いたゴシックハープだと知りました。


 

なんとも不思議な絵です。

中世の人々の想像する世界観が広がります。

ちょっと気になっていたお墓参りもして相方の親戚の家に伝わる河童の手のミイラも見てきました。
相方が子どもの時見せてもらったというそれは今は宇土の図書館に展示されていました。
子供の時の記憶を聞いていた私は
もう少し大きなものを想像していました。
祖先が島原の乱にかかわっていた?なんていう情報もあって
天草を一周り。有明海なんですね。
海がとても綺麗でした。
隠れキリシタンの里。埼津集落に行ってきました。
海辺の村に教会があります。
この教会もゴシック建築なのだそうです。
その昔、神社を隠れ蓑にして人々は信仰を貫きました。
教会はキリシタン迫害の時代が過ぎてから建てられたものです。
キリスト教が伝来した昔にはコレジョという学校があって
ハープも含めて昔の楽器で南蛮音楽を勉強していたのだそうです。
壮絶な時代背景があるにもかかわらず、長閑な風景です。
風景を眺めていると、ここに神聖な音楽が聴こえてくるような気がします。
旅の目的と歴史のいろいろが重なってイメージが広がりました。
夕暮れと日の沈む海は今も昔も変わらないのでしょうね。
すっかり天草を満喫しました。
翌日はいよいよ工房にお邪魔して。
時代的なピアノの復元を見せていただきました。


そして1週間
感謝をこめてMerry Christmas♪
楽器は毎日ひくことで育っていくのを感じます。
音楽の学びは終わることがありませんね。。。。しみじみ
 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album