ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 秋のつぶやき展 | main | いいたて道の駅までい館 >>
2018.11.04 Sunday

松本が好き

松本にアパートでも借りて暮らしたい。なんて本気で思うことがあります。

母も同じ気持ちなのかなぁ・・・
母のアルツハイマーは穏やかに進んで顔を合わせただけだと、ちょっと戸惑った顔をします。
でも身体のどこかに触ると、ぱっと目が覚めたようににっこり笑って私が誰だかわかります。
そんな母に松本に行ってきた話をしました。こんな地酒の一覧表を見ながら。
「夜明け前は辰野のお酒だよ」
突然母の目から涙がぽろり。
辰野は昔、母の実家があった塩尻の一つ手前の駅でした。
「もう一つトンネルをくぐったら塩尻だよ」
わくわくと母が言っていたことを思い出しました。
時代は流れて、今は塩尻に行くのに辰野の駅は通りません。
母は塩尻から松本に女学校時代電車で通っていました。
その頃から松本が大好きで、父が松本に転勤になった時は嬉々として家族で引っ越しました。松本城も土手から眺める山並みも脳の奥を刺激して懐かしさと大好きがあふれ出します。
                             私も松本が好きでよかったなぁ。そして心優しい友がいる松本です。冬は寒いけどね。
松本2日目の、ちいばあの人形劇。赤ちゃんと黄色ちゃんが、そっと触れ合って仲良くなるお話です。
無表情の母の肩や背中に触れることで母の心もほぐれていきます。
 

 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album