ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 飯舘の道の駅 | main | 中世がいっぱい >>
2018.01.01 Monday

12月〜なんでもやの日々だったのです。

ブログを書くのをすっかりサボって今年が終わろうとしています。
今年はやっと落ち着いて自分の家の整理ができる予定だったのですが
あれよあれよと思いもよらないなんでもやの宿題をいただき
演奏できることに感謝しつつ充実の日々を過ごさせていただきました。

 

まずは12月3日トゥーランドットのグランドハープパートをキーボードで。


 

本番の1週間前に届いた楽譜を読みながらDVDで音をチェック。
ハープがプッチーニのオーケストラの中でかもしだしている色合いをキーボードでどこまで出せるかしら?
本物のハープだったらどんなに難しいかを小さなハープを始めたおかげで想像することができます。
キーボードだけどハープに聴こえますように。祈るような気持ちで、でもアンサンブルは最高に楽しい。
「ハープの姿がないのにハープの音がする」?振り向いてくれたメンバーに感謝です。
ハープキーボードに手一杯でパーカッションはパスさせていただきました。
12月17日毎年演奏させていただいている小さなクリスマス♪
ハープとリコーダーでクリスマスソングを演奏しました。
少しずつピアノとリコーダーで演奏していた曲をハープとリコーダーに。と思っています。ジャッジーなものも、ちょっとプラスしてホッとで優しい時間でした。
 
ここまでなら、いつもの12月。
12月半ばくらいだったでしょうか。今年2回ほどイベントに出演させていただいた「うたごえがかり♪」からイベントではなくふだんの「うたごえがかり♪」のキーボードサポートを頼まれました。
「うたごえがかり♪」というのは宝塚歌劇出身の奥様とギターを弾く旦那様のご夫婦が高齢者の元気なうたごえのために主催している歌の会なんです。夫婦での演奏ということで私たちはもう10年来のお友達です。
内容は懐メロから昭和歌謡。演歌。ニューミュージック。ちょっとクラシック。。。などなど。
1回2時間の会で20曲くらいを演奏します。
初見ができて良かったぁ!見たことも聞いたこともない懐メロもイントロが大事。集まる方たちの青春の歌だから。
もと宝塚男役のノリと温かいご夫婦の空気感がぐんぐん皆をひっぱってお客さんもとっても楽しそう。
演歌のタメや昭和歌謡のリズム感。楽譜どおりじゃ駄目なんです。そこで泣いてください!
生きた音楽。身体で感じることがいっぱいなんです。そんな貴重な体験を4回。
そしてクリスマスイベント。
当初予定ではCDを使うことになっていたのですがピアノ生演奏がいいということになり、イベントでは私の演奏で日舞を踊っていただきました。
 
イベント終わってお客様から「来年もよろしく」という嬉しいお声をいただき1月も続けてサポートさせていただくことになりました。どんな曲が飛び出すやら?今から楽しみにしています。

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album