ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< つぶやきと音楽の関係 | main | 12月〜なんでもやの日々だったのです。 >>
2017.11.24 Friday

飯舘の道の駅

8月にオープンしてテレビでも紹介された飯舘の道の駅。

その頃に猫のユキが死んで、なんとなく行きそびれていたのでした。
いつも留守番してくれていた猫たちのこと飯舘で思い出せばどうかしちゃうと思いました。
23日。いつも応援している雪っ娘カボチャの収穫祭ということだったので、やっと行くことができました。
この場所に道の駅があることじたいが奇妙な気持ちになります。
泣かないけれど泣きたい気持ちになります。
あんなに何度も線量計を握り締めて通った道。冷たい風。放射性廃棄物の緑の絨毯。何も変わらないのに真新しい建物が信じられない夢物語のようです。
1年目の冬。雪が降ってその雪に触っちゃいけないよ!と自分に言い聞かせながら車を止めて降り立ったちょうどその辺りに道の駅はありました。
帰ることをあきらめた人たちの写真がずらっと並んでお弔いのようで。それでもその写真はみんな笑顔です。
過去と未来が入り混じるのは今を生きている人間にとっても同じこと。だから泣かないけれど泣きたいような気持ちになるのかもしれません。

心がこもっていれば気持ちは伝わるのだから、そして良いものが生まれます。
無駄なものは何も無いからカボチャも音も正直です。商品は完売。
今回はお約束無しだったので遠慮していたのですが私たちの音を聴きたいと言っていただき急遽ライブさせていただきました。
館長さんまで写真を撮りにみえました。
楽器を用意していて良かったです。
雪っ娘カボチャを帰宅してから煮付けにしました。やっぱり美味しいカボチャです。
 

 

 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album