ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 私達の仲間です! | main | 誕生日に♪ >>
2019.12.30 Monday

小さな教会で

高崎の古楽まつりでご一緒させて頂いたリコーダー奏者の星典子さんからのお声かけで

12月24日クリスマスイヴは幡ヶ谷の小さな教会でのイヴ礼拝に奏楽で参加させていただきました。
近頃のクリスマスは、すっかりキリストの生誕や教会から離れケーキとプレゼント。賑やかな街の風景は厳かな心持からは遠いものになっています。
サンタクロースへの子供たちの夢もサンタ(親)との駆け引きのような風情。
初心に帰りたいなんて思っていましたので嬉しいチャンスをいただいたわけです。
いつもはオルガンとリコーダーで賛美歌を演奏している。そこにハープがあったらと思っていただいてのお誘いでした。
いつものことで申し訳ない。相方は平日は来れないので私だけです。
リハーサルはほとんど無くて奏者が全員揃ったのは礼拝の30分前。
オルガンのハーモニーが楽譜どおりではないかもしれないとのことで臨機応変耳をすませながら勉強になりました。
バロック時代のリコーダー二重奏に通奏低音ハープという演目もあって初めての試みでしたが
楽しく演奏させていただきました。
賛美歌と朗読の流れの中に、ちょっぴり明るく警戒にバロックの音楽が良い空気を作ったと思います。
子供の頃、教会で演じたクリスマス劇。私は天使の役をやりました。
キリスト誕生の物語に耳を澄ませながら懐かしく優しいクリスマスイヴ。
美味しい手作りケーキでお茶をいただき心はずませの帰宅でした。
星典子さんの旦那様。いつも演奏会の前の席でにこにこ音楽を楽しんでらっしゃる。
ご挨拶もできて良かったな。
背中のハープも全然重くありませんでした。
私の席からでは蝋燭が3本になってしまいました。
ごめんなさい。
心から感謝をこめて。
 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album