ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 涙の操 | main | までいな心で >>
2019.11.14 Thursday

中世・ルネサンス小さな音楽の祭典in高崎

2019.11.3(日)中世・ルネサンス音楽合奏団TocaTocaさんのお誘いで今年、初めて参加させていただきました。

前からお誘いをいただいていたのですが、まだまだ演奏する楽器も充実していないのに申し訳ないと思い辞退してきました。

今回はゴシックハープが手に入り相方もコルネット(ツィンク)でお聴かせできるレパートリーができました。

おまけにルネッサンスリコーダーも披露できるということで楽しみにエントリーさせていただきました。
お客様をはじめ高崎のメンバーの方とは初めての方もいらっしゃいましたけれど、いつのまにかすっかりお馴染みのお友達に会うことができて充実の一日でした。
会場の高崎シンフォニーホールでは、この季節、寒桜が咲いています。

リハーサルの時よりもお客様が入った時の方が響きが良くて気持ちよく演奏させていただきました。でもね。緊張したんですよ。
「緊張しちゃった」ってお友達に言ったら「なんで?」って。
どうも私たちはよっぽどずうずうしく見えるらしい。。。
お客様が私の話を一生懸命聞いてくださいました。
アカデミックにうんちくを語るようなMCはしない。ということを心がけてお話しています。
いいかげんなことを言ってるなんてお叱りを受けないように勉強しているつもりでいます。
最前列で、くすっと笑いながら肯いてくれるお客様がいて感謝です。
ありがとうございます。
古典舞踏集団「イル・クワトロチェント」のみなさん。
いろいろな所でお会いしてすっかりお友達。今回はダンスのお供をさせていただくことになり、
とても楽しみにしていました。
音を合わせる幸せ。ステップを感じて奏でる楽しさ。華やかで素敵な時間でした。

 
出演者全員で記念写真♪
 

 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album