ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.12.05 Wednesday

槙坪映画のこと〜

出会いはさりげなく知る人ぞ知るという空気の漂う中で自分の無知に気がつくことから始まるものかもしれない。

 

3年前、福島でも何度も上演されたという槙坪監督の映画会の話を聞いて

松本で上演するということで観に行ったのです。。

その時の映画のテーマは老いと介護。生きることQOLを追求した作品で3本ほどを観ることができました。

槙坪映画は古くても新しい。永遠のテーマが描かれています。

槙坪さんはもう亡くなっていて旦那様の光永監督のために

光永さんが奥様のために作曲したレクィエムを演奏させていただきました。

その時の光永さんは末期の膵臓癌と戦っていて演奏を喜んでくださいました。

そして間もなく光永さん奥様の槙坪さんのところへ旅立たれました。

映画作りを手伝っていた息子さんに託された映画を

出演もしている「がらくた座」のちーさんが小さな自宅映画会で上演し続けています。

手作りの槙坪さん人形が見守ってくれています。


 

11月25日。松本まで車を走らせて行ってきました。

今回の映画は女子高生の援助交際。薬物問題。

そして槙坪さん自身が経験した戦後間もない広島の暮らしでした。

幼い者達が失望の中でも夢を育む。生きる力を感じる映画です。

どの作品も赤裸々な内容なのになぜが清清しい。

槙坪さんは「映画は夢なのよ」と仰っていたとのことでした。

そして、この小さな映画会は観終わって語り合う場でもあります。
ちょっとご飯を食べながら。
優しい想いを
それは古いけれど新しい永遠のテーマ。
「音楽は愛よねぇ」
そんな言葉も飛び出して
音楽も古くて新しい永遠のものを奏でていることに気づかされます。
 
ストーブが空気を温めてくれる
そんな中で
猫も一緒に。
猫の特等席です。

 
そして時間を忘れて。
明日もいい天気だね。

 
2018.11.30 Friday

いいたて道の駅までい館

11月23日 飯舘の道の駅。2年目のまでい館で演奏させていただきました。

飯舘雪っ娘かぼちゃの収穫祭〜3年前のあぶくま茶屋の時から私達「ぷりずむくぷれDuo」は演奏させていただいています。

去年からは飯舘に新設された道の駅までい館で「収穫祭・感謝祭」の応援です。演奏だけではなく売り子もします。
このセッティングを見ただけで
「来てるの?」「やぁ〜嬉しいなぁ・・・」
なんて言ってもらって、ありがたい!
 
いろいろな支援のしくみが国の方針や行政のありかたで変化して、そういうことで人が振り回されるのは心から切ないこと。
ご縁があって私達の演奏を楽しみにしてくれる人に会えることに感謝です。
パイプ&テイバーも披露させていただきました。
賑やかしには一番ですね。
中世の時代にもこういう広場で?
縮こまっている背中もしゃんとして元気がでます。
福島の晩秋。今年は暖かいとは言いながらやっぱり寒いです。
朝、車を走らせていたら霙が降ってきました。
山形からいらしていた米粉のパン屋さん〜飯舘から山形に移住してパンを販売しています。山形は初雪とのことでした。
建物の中は花がいっぱいです。湿度が低く設定されていました。

ちょうど飯舘の広報の方がいらしていて取材を受けました。年末発行の広報に載るらしいです。
取材の方とお話をしていて気がついたのだけれど、
「私達の演奏を聴いていた人どうしが繋がって新しい一歩を踏み出すなんてことがあるものだなぁ」
音楽って不思議なものです。
歌の好きな福島のかあちゃんからリクエストをいただきました。
そして私達の伴奏で歌ってくれました。
ほんとうに喜んでくれて嬉しかったな。
「さよなら」は言わない。
「また会おうね」

 
2018.11.04 Sunday

松本が好き

松本にアパートでも借りて暮らしたい。なんて本気で思うことがあります。

母も同じ気持ちなのかなぁ・・・
母のアルツハイマーは穏やかに進んで顔を合わせただけだと、ちょっと戸惑った顔をします。
でも身体のどこかに触ると、ぱっと目が覚めたようににっこり笑って私が誰だかわかります。
そんな母に松本に行ってきた話をしました。こんな地酒の一覧表を見ながら。
「夜明け前は辰野のお酒だよ」
突然母の目から涙がぽろり。
辰野は昔、母の実家があった塩尻の一つ手前の駅でした。
「もう一つトンネルをくぐったら塩尻だよ」
わくわくと母が言っていたことを思い出しました。
時代は流れて、今は塩尻に行くのに辰野の駅は通りません。
母は塩尻から松本に女学校時代電車で通っていました。
その頃から松本が大好きで、父が松本に転勤になった時は嬉々として家族で引っ越しました。松本城も土手から眺める山並みも脳の奥を刺激して懐かしさと大好きがあふれ出します。
                             私も松本が好きでよかったなぁ。そして心優しい友がいる松本です。冬は寒いけどね。
松本2日目の、ちいばあの人形劇。赤ちゃんと黄色ちゃんが、そっと触れ合って仲良くなるお話です。
無表情の母の肩や背中に触れることで母の心もほぐれていきます。
 

 
2018.11.01 Thursday

秋のつぶやき展

10月27日は松本がらくた座で「秋のつぶやき展」でした。

心の隅のほうで何がつっかえていることを誰に聞いてもらうでなしに、つぶやいてみる。
そんなつぶやきが木島知草こと ちーばあの絵には溢れています。そして命について考える。考えるきっかけが見えてくる。
そんな「秋のつぶやき展」です。
なんでもない野の花もつぶやいているようでした。地球に優しく人に優しく。命を考える。そして今回も小さな音楽会をさせていただきました。
トウモロコシを原料にした燃料でコーヒーをいれてもらいました。
このコンロは空き缶でできています。西日本でも、ちーばあの人形劇とともに、ちょっと活躍したらしいです。

ちょうど秋の土用ということで。
土用というのは春夏秋冬それぞれの季節にあって、次の季節に向かって身体の準備をする時なのだそうです。鰻を食べる日ばかりがクローズアップされていますけれど季節の宇宙を感じながら自分自身の身体の宇宙にも目を向けましょう。ということで、お灸の会でした。
ヨモギからもぐさを作りました。
「いったい何の集まり?」煙もくもく〜熱いお灸をお腹にのせて。
まったり、ゆったり身体も心もリセットさせながら、つぶやきます。
お灸の会が終わったら私達の音楽の時間というわけで。
猫が日向ぼっこをするような小春日和が嬉しくて「秋桜」弾き歌いなんてしちゃいました。
こちらでは、いつも言葉が命をつなぐように。そんな懐かしいメロディーを中心に演奏させていただくのですが。
古楽の古楽も演りたくて、そんなレパートリーを演奏したのですがお客様の中に中世音楽ファンがいらして、とても喜んでいただきました。
それぞれが大切な人を想いながら。
演奏の合間にも演奏が終わってからも、つぶやきがありました。そんなつぶやきに耳を傾けてみんな優しい気持ちになっていきます。
この日、長野県安曇野のコミューンチロルでお友達の演奏会〜中世ヨーロッパの音楽〜がありました。
演奏が終わって少ししかつぶやきに参加できなかったのですが近道農道を教えてもらって大急ぎで移動しました。
私達の音楽会を聴いてくれた中世好きなお客様も「本当は行きたいけれど夜だから」と仰っていました。
中世音楽を聴くチャンスは長野県松本では、まだまだ貴重です。でもファンは着実に増えていますね。
夜の演奏会も素敵なラウダが聴けて幸せでした。お客様も興味深々の様子でした。
この日は松本に泊まりました。
2018.10.24 Wednesday

猫がいっぱい!

もう1週間以上過ぎたのに、まだまだ余韻が残っています。

10月14日は神楽坂で「化け猫パレード」に参加しました。
少し前から二人で演奏を始めたテイバーパイプ。穴が3つで片手で吹ける笛です。空いている手は太鼓を叩くことができます。
このパイプ&テイバー隊がパレードにエントリーしたので私達も行列に加わらせていただきました。
神楽坂は「我輩は猫である」の夏目漱石ゆかりの地であることから2010年から「猫まつり」が開催されるようになり参加資格は猫の扮装をすることです。私達も帽子に耳をつけて顔にヒゲを書いてもらって猫になりました。それぞれに趣向をこらした猫がいっぱい。
まさに「化け猫パレード」です。
この街には猫がいっぱいいます。
猫と共存する街なのですね。
不思議な化け猫が大騒ぎする中で動じない猫たちです。
パイプ&テイバー隊の勇姿
パイプ&テイバー猫が大集合でした。
 
2018.10.18 Thursday

笛の楽園

10月6日〜8日「笛の楽園」をテーマにするセミナーに参加しました。

「笛の楽園」というのはリコーダーを演奏する人の間では有名な曲集です。
昔(とっても昔)に流行った歌。それは愛の歌だったり、お祈りの歌だったりするのですが。
その時代は、そんな流行歌を、そのまま演奏するだけでなく色々に変化させて演奏していました。
ヴァン・エイクという人が、その変化させて演奏する名手で彼の演奏をまとめて出版されたものが「笛の楽園」なのです。
なかなか都合が合わず個人レッスンを受けることのできない相方のために。
せっかく申し込むのだったら私もレッスン受けちゃおう!と言うわけで申し込みました。
ご近所だったので3日間通いです。長閑な空気の流れる会場でした。
本当は泊まりも魅力だったのですが、相方が9月の終わりに白内障の手術を受けてどうなるか?わからなかったので。
おかげさまで無事、手術が終わって、なんだか良く見えるようになったので楽しく勉強させていただきました。
眼鏡をかけていない相方が本人も私も不思議な感じですが、こうしていろいろな場に出かけて行くことで顔も慣れていくのですよね。
私も顔面麻痺になって4年ですから、そろそろリコーダーも吹きたい!と思うわけです。
「笛の楽園」は、ちょっとハードかな?と思ったのですが病気になる前に
「一度、身についたものは何があってもできるから」と念を押されたことを思い出して。
もちろん、その時に、こんな病気になるなんて夢にも思っていなかったのですけれどね。
問題は4年も経っているのに表情筋の共同運動で唇の集中すると目を閉じてしまうこと。そして顔が疲れます。
30分ほどのレッスンで「すみません。顔が疲れました」
知らない人は、そんな失礼なことを言う生徒は許せない!と思ったかもしれません。
手加減せずにレッスンしてくださった先生に感謝です。
相方は元歌アンサンブルに重ねて
「笛の楽園」版のソロ。
贅沢な経験をさせていただきました。
当日いきなりだったこともあってアドレナリンがまわって術後の回復にも効果的!
楽しい仲間との幸せな時間でした。
顔面麻痺〜病気のことを書きましたのは最近同じ病気で悩んでいる方によく出会います。
管楽器は吹くということで辛かったりもしますが声楽の方は発音が難しくなったりもしますし笑顔が強張ってしまう人もいます。
病気から何年も経っていても、やっぱりダメとがっかりしたりの方が大勢います。
私は図々しいので、どこにも出かけていきますし何でもやってしまうので大丈夫なようですが、それだけに工夫して、その時々をやり過ごしています。ここのところ笛を吹く機会が多いので表情筋のマッサージ、病気の後、やっていたのですが最近さぼっていたので、またやってみることにしました。
やりたいことを続けて行けれる幸せを大切にしたいと思っています。
2018.09.29 Saturday

高原の週末その2

私はたくさんの人に可愛がられて育ちました。
その人たちがみんな年をとったら私にはみんな大切な人たちだからどうしたらいいんだろうと真剣に考えたことがあります。

信州塩尻に住む叔父が2月に高齢者住宅に引っ越しました。

叔母は一足先に同じ建物の老人ホームに居ます。その叔母は昔、私のお母さんとよく間違えられました。
叔父は私が松本に住んでいた時、「薫ちゃん。遅くなってごめんね」と歌いながら遊びに来てくれました。
叔父はとても体格が良くて美声なので母とオペラごっこなんてするとばっちりでした。
でも高所恐怖症なので10階に住むのが冒険だと言っていました。
その叔父の新居を訪ねなくてはとずっと思っていたので、はらむら古楽祭から足をのばして塩尻に行く計画をしました。
後ろ髪をひかれる思いで、はらむらを後にして車中泊をするので、せっかくだから昔住んでいた松本里山辺から美ヶ原に上がって
日の出を待つことにしたのです。
山の朝はとっても寒くて凍えそうだったのですけれど
みごとな御来光を見ることができました。
   
美ヶ原の台地を歩かないわけにはいかない。
ちょっと散歩のつもりが3時間半のトレッキングになりました。
王が頭〜王が鼻は通っていた学校の校歌にもでてくるくらい象徴的な存在です。王が頭にはNHKのアンテナが建っています。
その王が頭から真っ直ぐに台地の道がのびています。
草原には牛が放牧されています。
「美しの塔」尾崎喜八の詩より〜  
登りついて不意に開けた眼前の風景に
しばらくは世界の天井が抜けたかと思う
やがて一歩を踏み込んで岩にまたがりながら
此の高さにおける此の広がりの把握に尚もくるしむ
無制限な おおどかな
荒っぽくて 新鮮な
此の風景の情緒はただ身にしみるように本源的で
尋常の尺度にはまるで桁がはずれている
秋が雲の砲煙をどんどん上げて
空は青と白との目も覚めるだんだら
物見石の準平原から和田峠の方へ
一羽の鷲が流れ矢のようにちていった
アルペンルートからは遠く北アルプスが見えました。
よく考えたら何も食べてなかったので山菜蕎麦と高原の牛乳が美味しかったこと。
それから、もちろん塩尻の叔父に会いに行き、祖母のお墓参りにも行ってきました。
ところで今日、相方が白内障の手術をしました。
よく見えるようです。
この高原の眺めが眼鏡なしでも見えるようになりました。
 
2018.09.27 Thursday

高原の週末その1

9月23日、今年も信州原村にて、はらむら古楽祭に行ってきました。

去年は台風がらみで雨模様。
でも今年は念願叶ってピカピカの快晴。空も雲もすっかり秋の日本晴れです。
誰もが心を弾ませて音楽を楽しんでいました。
紅葉も始まっていました。

今年も参加させていただいた練り歩きの道すがら見上げると赤い実が宝石のようです。
気温も上がって汗ばむくらいの陽気です。でも夕方には寒いくらいになるんですけれどね。
今年は太鼓だけじゃなくパイプ&テイバーで参加しました。
吹きながら叩いて歩くって難しい!


相方がついにテイバーパイプを吹くようになって吹きまくっているので今年はWSを受けました。
でも今年は泊まらなかったので翌日の大発表会はなしです。
夕方その発表会のために練習している仲間達を見たら、とっても一緒に吹きたくなったのですけれどね。
2018.09.25 Tuesday

DDリコーダーLIVE

関東と関西。それぞれの地で夫婦で演奏するDuoとDuoがコラボするライブ企画3年目に入りました。

「DDリコーダーLIVE」Vol3と銘打って今回は大阪池田の、こちらも熟年ご夫婦が営んでいる珈琲園サモアルで。
台風21号が脅威をふるって1週間。9月17日はピカピカの晴天。
会場のサモワルも12時間の停電があったということで、口々に「恐かった〜」と仰いますが
お客様からは大阪の逞しさ明るさを体当たりで感じました。
思い起こせば私が病気になったあの時も友人達は満面の笑顔で私を励ましてくれました。
集まってくださった方一人一人のために感謝をこめて都合で来れなかった方のためにも祈りをこめて
私達ぷりずむくぷれDuoの音を演奏させていただきました。
音は進化するものです。
今、私達が力を入れている古楽の先の古楽を骨組みにしながら
10年一昔。の初心に帰ってピアノとリコーダーのゆるクラシック。
サモワルではグランドピアノがありましたので夫婦は心から演奏を楽しませていただきました。
ピアノは優しくコケティッシュに鳴ってくれました。
お客様がその音を心から楽しんでくださっているのが感じられて嬉しかったです。

以前はピアノとリコーダーでジャッジーに夫婦だからこそ赤裸々に。ムードたっぷりに演ってやろうと照れながら開き直っていたものでした。

私達を関東から呼び寄せてくれたご夫婦〜ファミリーは息子さんが年々大きくなって素晴らしい歌声を聴かせてくれます。
3人の演奏なのでDuoではなくTrioでの演奏になります。
長いお付き合いの中で年を重ねる幸せでもあります。
小さいながら彼はいっぱしのミュージシャンとして私達を向かえてくれます。「うまかったで〜」と私達のことを褒めてくれました。実は一番厳しい聴き手なのかもしれません。
DDのコラボの中でちょっとドキドキの相方シャッフルというのがあります。
相方を交換しての冒険演奏です。前回は夫と夫。妻と妻という組み合わせでお客様から不満の声をいただきましたので。
今回は男女を入れ替えての演奏に。


メールでの打ち合わせのみでの冒険プログラムでしたけれど完璧なアンサンブル。
信頼関係が深まります。

 

 
2018.08.30 Thursday

暑い夏! 夕涼みコンサート♪

夏は暑いものです。

でも、今年の夏は特別!
命にかかわる暑さです。救急車にもよく出会いました。
夏の暑さ。夏の疲れ。ふっと一息。
8月18日なんてお客さん集まるかしら?と思いつつ
去年、好評だったので今年も「夕涼みコンサート♪」をカフェフルールで開かせていただきました。
お客さんがくつろいで、飲んだり食べたり語り合ったり・・
そこに生演奏がある。堅苦しいことは抜きね。
と言う訳で最初から和気あいあい勘違いも夫婦漫才?
演奏の間に適当に隙間を空けながら楽しい夕涼みになりました。

酔っ払ってお腹もいっぱいのお客さん。
音楽のおかわり(アンコール)もばっちり演奏して
気がついたら私達はお腹がぺこぺこ。
お店のオーナーがネギトロと山芋のすりおろしを混ぜてバケットにのせたものを用意してくれました。
演奏中に目の前のお客さんが食べていたものです。
夏バテに効きそう〜〜美味しい!カフェフルールは、そんな愛情こもったメニューが並ぶお店なんです。
8月もそろそろ終わりです。
ちょっと涼しくなっても翌日には猛暑!
やっぱり夏の疲れ感じます。
でも、最近通い始めたジムのインストラクター23歳のお姉さん。
「涼しくなるのはいいんですけど、なんか寂しくなっちゃうんですよね」
若い!「恋はしたかい?」って聞いたら首をかしげていました。
愛の曲やら恋の曲。節操なく演奏している私達としては若者には恋をして欲しいです。
Powered by
30days Album